人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年04月20日

英語の勉強法

私は工学博士ですので、仕事として英語で論文を書いたり、国際会議で英語で発表したりします。しかし、これまで留学する機会がなく、英語圏で生活したこともないので、正直なところ英語は苦手です。

これまでもNOVAに通ったり、英語の教材で勉強したり、日本に居ながらそれなりに努力してきました。しかし、英語を日常的に使うわけではないので、「ある程度意思疎通できる」という程度になってから、伸び悩んでいます。

まだまだ国際学会発表経験が少なかった頃は、「次の発表までに一生懸命勉強しないと大変なことになる」という意識で勉強できていました。しかし、何回か経験を積んで、「無難にこなせる」ようになると、日々の忙しさに流されて、英語の勉強時間が減ってきてしまいました。そうするとやはり上達しません。

このような状況になると、「英語の勉強をする」という意識ではなく、日々自然にやっていること、「興味があることを英語に関連付けていく」のが良いのではないかと思います。

最近は、このブログにしばしば書いていますように、石油枯渇の問題、環境問題などに興味があり、インターネットで調べたりすることが多いのですが、より信頼できる情報ソースに近づこうとしているうちに、だんだん国際的な機関へアクセスするようになりました。そうすると、公式の報告書など、英語で書かれたものをよく見るようになりました。このように自然に英語に接する時間が増えれば良いのではないかと思います。

それにしても、辞書を引きながらにしろ、なんとか英語で内容を理解できる程度になるまで、今まで英語の勉強をしてきてよかったと思います。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。