人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年04月11日

人材不足と過当競争

以前、「産婦人科医不足」について書きました。しかし、ニュースを聞いていると、小児科医も、麻酔医も、看護士も不足しているようです。検察官、農業従事者、いくつかの製造業の技術者なども不足しているようです。要するに少子高齢化で労働人口が減り始めているからではないかと思いました。ただ、それぞれの職種について需要と供給のバランスがどのようになっているのかは、もう少し詳細に調べてみないとなんとも言えません。

しかし、依然として過当競争により、ほとんど利益が得られない業界もあります。過当競争な業界では、結果として給料も低くなる傾向があるので、そのような状況をもっと報道した方が良いのではないでしょうか。つまり、きつくて待遇が悪い職業は人気がなくなるので、自然とその職業を目指す人が減るような気がします。また麻酔医の給料が高騰している(今までが低すぎる?)ことが報道されましたが、これなどはその職種へ若者を誘導するのに一役買いそうな気がします。

総じて、専門性が高い職種ほど人材不足で、それほど専門性が高くなく、短期のトレーニングでなれる職業ほど過当競争な気がします(これも当たり前か?)。必死で努力し、自分の専門性を高めることが自分のためにも社会のためにもなるのかもしれません。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。