人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年03月30日

環境問題は複雑

以前、「東京−大阪間を移動する場合の1座席当りの二酸化炭素排出量では、新幹線は航空機の約10分の1です。」ということをこのブログで書きました。今回はその補足です。

このデータの出所は、JR東海が「日経ビジネス誌」に出していた広告です。おそらくこの数値そのものはおおよそ正しいと考えられます。しかし、環境問題に関することというのは何かと複雑で、これだけではあまり公平な比較ではないような気がします。

それは、新幹線を建設するには、当然のことながら多大なエネルギーを使って工事をしていて、駅なども建設されています。それらを安全に運行するために、各駅などに多くの人が出勤し、働いています。

航空機の場合は、空港を作れば、その間は空中を飛んでいるので、建設に要したエネルギーは相対的には著しく少ないです。そういったことを総合的に考えれば、「新幹線は航空機の約10分の1」ということは補足が必要な気がします。

本当に環境問題は複雑です。それを商業主義・政治に都合が良いように利用されている気がします。

詳しくは以下の書籍をご覧下さい。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))武田 邦彦

おすすめ平均
stars本書の功罪
stars少なくともゴア氏や山本教授の本よるは良い
stars一筋縄ではいかない環境問題。
stars環境問題について誤った認識を植え付ける危険な本
stars間違いだらけの環境問題

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://blogs.yahoo.co.jp/eng_cam_fld_tgs/30673403.html
抜粋
早い話、言論詐欺ですね。
もう、これ以上読んでると彼のハチャメチャな論理展開と適当な数値の使い方で、頭がおかしくなりそうです。
環境問題以前の、研究者・専門家として一番恥ずべき、
「人の著作の適当引用、ご都合解釈」を「その文献を精査せず」に適当に言っている、そんな感じです。
…酷いとは聞いていたけど、ここまで酷いとは思わんかった。

コメント
あれ(武田)は教育者のことば・姿勢すべて、失格です。
CO2削減はEUでもやってます。勉強不足です。
勉強してないので言葉で誤魔化してるのです。
彼に教えられる学生がカワイソウです。

Posted by . at 2008年04月02日 20:11
http://find.2ch.net/?STR=%C9%F0%C5%C4%CB%AE%C9%A7
http://www.petbottle-rec.gr.jp/syoseki/index.html
http://www.cir.tohoku.ac.jp/~asuka/
http://www.rakkousha.co.jp/books/ka_02.html

from掲示板
あと、ここの人は武田がダイオキシン関連で利権ベッタリだってことは当然知ってるよね?

武田は難燃剤を企業と共同開発して特許も多数出してるよ。
武田邦彦 難燃剤 でググれば出てくる。
ダイオキシンなんて気にしないでハロゲン系難燃剤を使ってくれた方がうれしいわけ。
Posted by . at 2008年04月02日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。