人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年03月14日

学校裏サイト

読売新聞によると、

「いじめの温床になっているとして社会問題化しているインターネット上の「学校裏サイト」を文部科学省が調べたところ、集計がまとまった39都道府県だけで約3万8000件が開設されていることがわかった。このうち少なくとも2割で、「ウザイ」(うっとうしい)「氏ね」(死ね)といった特定の個人への攻撃や中傷が確認された。

 同省は14日午後に都道府県の青少年行政の担当者などを集めて開く「ネット安全安心全国推進フォーラム」で集計結果を公表、対策の具体的検討に乗り出す。

 「学校裏サイト」は、学校の公式サイトとは別に、児童や生徒などが開設した非公式な掲示板の総称。

 同省によると、学校裏サイトを通じた中傷やいじめは2006年ごろから目立ち始め、同年秋には、仙台市内の中学3年の男子生徒が「この世から消えろ」などと中傷されて不登校になり、書き込んだ生徒2人が家裁に送致された。昨年7月に神戸市の高校3年の男子生徒が自殺したケースでは、サイト上に裸の写真や悪口が投稿されていた。」

とのことです。

人間誰でも、人の悪口を言ったり、中傷したりしたくなる感情は持っています。特に未成熟な若い年代ほどそういった行為の代償がどのようなものになるのかわからず、取り返しのつかない事態になりがちです。特に中学生ぐらいの年代が、身体が大きさに対して精神的には未熟さが目立つため、他人には攻撃的で、また何らかの攻撃を受けた時に対処する方法が身に付いてないような気がします。

この問題は、人の心の弱さを鏡に写したような問題とも言え、簡単な解決方法があるとはとても思えません。

しかし、明日からでも幼稚園から大学生&大学院生まで、さらには社会全体で、相手の気持ちを思いやる大切さ、インターネット上で誹謗中傷することの卑劣さとその代償などについて、根気強く啓蒙していかなければならないと思います。

かつて大学で、飲み会などで他人に無理やり「イッキ飲み」をさせて、お酒を飲ませることを止めるように啓蒙活動が行われていたことがありました。「イッキ飲み」というのも古い日本の文化でしたが、大学に入学した息子が、サークルの新入生歓迎会で無理やりお酒を飲まされ、急性アルコール中毒で死亡したことにより、その母親が中心となって始めた運動がきっかけとなったと思います。

私が学生だった頃は、「イッキ飲み」が盛んだった時代で、お酒に弱い私は、参加したほとんどの飲み会の思い出が前半しかないという状態でした。そんな中で育ったので、この「イッキ飲み」という文化が衰退するなんてとても思えませんでした。

しかし、最近の大学生と飲み会をすると、ほとんど「イッキ飲み」をする場面を目にしなくなりました。またお酒が飲めない人も、「私は飲めません」と言って、最初からノンアルコールの飲みものを注文する光景をよく目にします。私が学生の時は、「飲めばだんだん飲めるようになる!!」と先輩から言われて、無理やり飲まされました。

このような社会の変化も実際にありましたので、インターネット上の学校裏サイトの問題も、根気強く取り組めば、改善されていくと思いたいです。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。