人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年01月30日

シートベルト

平成19年10月1日(月)から16日(火)にかけ、JAF警察庁は合同でシートベルト着用状況の全国調査を行いました。一般道で780ヶ所、高速道等で105ヶ所で行われました。

その結果、運転者の平均着用率は、一般道95.0%、高速道98.5%、助手席同乗者は、一般道86.3%、高速道等93.5%、後席同乗者は、一般道8.8%、高速道等13.5%だったそうです。

運転席と助手席は、地道な取り組みにより着用率が上がってきていますが、後席についてはかなり低いです。後席同乗者の死亡事故のデータによると、非着用者の致死率は着用者の4倍程度だそうです。

後席は、目の前に前席があるので一見安全そうな気がしますが、事故の際に車内を飛び回ったり、ガラスを突き破って車外へ放り出されたりするだけでなく、前席に後ろからぶつかって押しつぶし、前席に座っている人に大きな被害を与える可能性があります。

自分でほぼ毎日運転していますが、親と一緒に子供が同乗していて、シートベルトを着用していない光景を頻繁に見ます。少なくとも子供は事故の危険にさらさないでもらいたいものです。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。