人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年01月14日

小麦の値上がり

日本は小麦の90%を海外からの輸入に頼っています。輸入される小麦のほぼ全てを政府が輸入し、国内の小麦農家への補助金に充てる費用を一定額上乗せしてから、国内の製粉会社に売り渡しているということをご存知でしたか?私は、本日の日本経済新聞の記事を読んで初めて知りました。

農林水産省は政府が輸入している小麦の国内製粉会社への売り渡し価格を4月から30%程度上げる方向で調整に入ったそうです。中国やインドなど世界的な需要拡大で小麦の国際価格が高騰しているためで、昨年4月1.3%、10月の10%に続く値上げだそうです。そのため、パンやうどんなど小麦を原料に使う食品の価格にも影響が出そうです。

「エネルギー資源・食糧の争奪」の回に書きましたように、着実に食料の値段が上がり始めていて不気味です。日本ももっと食糧の増産に努めるべきと思います。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。