人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2007年10月20日

グリーンカード

米国の大学で研究している知り合いは、いわゆる「ポスドク(博士号を取得後、有期の職位で大学などの研究機関で研究に取り組んでいる博士)」の中国人です。非常に優秀で、数年間大学で研究し、大学関係者からの推薦を得て、グリーンカードを申請しました。
移民の国「米国」でも、永住権を得るのは簡単ではありません。
しかし、何らかの高い専門性を持っていて、米国人からの推薦が得られれば、永住権が取れる確率が高いようです。
そういう意味では、留学し、博士号などを取得し、そのまま有名教授の下などで数年働いて良い業績を上げられれば、永住権取得への近道のようです。永住権が得られれば米国企業への就職においても有利なのでしょう。そのため、米国の大学では、分野にもよりますが、アジアからの留学生が多いです。
ウホホイ!





posted by ウホホイ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。