人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法


カテゴリ
スポンサードリンク

2020年08月17日

熱中症対策の水の作り方!安くて簡単に作れます!水中毒に注意!



熱中症を予防するには冷房の効いた涼しいところにいることが有効です。そして適切に水分と塩分を補給することが重要です。汗をたくさんかいた後などに熱中症の危険を感じたら、すぐに水分と塩分を補給したいですね。そんな時は水中毒にも注意が必要です。以下に紹介します。

熱中症対策の水の作り方



熱中症対策では水分と塩分の補給が必要です。手軽に購入できるスポーツドリンクを飲んでいる人も多いです。毎日多くの量を飲もうとすると少し費用も心配になります。また「一番良いのは経口補水液」という話を聞くことがあります。どうすれば良いのでしょうか?

実は自宅で簡単に経口補水液が作れます!そのレシピが以下です。

水1リットル、砂糖40g、塩3g

これならばものすごく安く作れますね。

水1リットルに上記の割合で砂糖と塩を混ぜ、容器に入れて冷蔵庫で冷やしておけばいつでも美味しく飲めます。好みに合わせてレモン汁などを加えても良いです。

もう少し一度に作る量を増やしたり、あるいは減らしたりしたい場合は、その水の量に合わせて上記の比率で砂糖と塩を混ぜれば大丈夫です。


水中毒に注意!



汗をかくなどして脱水状態になる前に水分・塩分を補給することが熱中症対策としては重要です。しかし、熱中症を警戒して水をたくさん飲むのに、塩分の補給をしない場合に起こる可能性が高くなるのが水中毒です。

人間の身体には塩分が必要なのですが、塩分を十分に補給せずに水だけたくさん飲むと、体内での塩分濃度が下がってしまい体調に悪くなります。これが水中毒です。深刻な状態になると非常に危険ですので、水分だけでなく塩分も摂取するように心がけましょう。


スポンサードリンク







経口補水液が良い理由



経口補水液が良い理由は、水分補給ができることと、そこに含まれている塩分濃度が身体にとって良いバランスだからです。

脱水症状になった時にも、水だけを飲むよりは経口補水液を飲んだ方が格段に吸収されやすいです。つまり、脱水症状になった人を回復させる効果が優れていることになります。

世界では安全な水が不足している地域があり、多くの子供が脱水症状に陥り、危険な状況にあります。そんなところで経口補水液は多くの子供の命を救っています。

このような根拠のあるものですので、熱中症対策の水として活用しましょう。


まとめ



熱中症対策の水分・塩分補給には経口補水液が適していること、簡単に自宅で作れることなどを紹介しました。水に砂糖と塩を混ぜるだけなので、スポーツドリンクを買うよりも節約できますね。

人気ブログランキングへ


posted by ウホホイ at 14:13| Comment(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。