人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2013年09月23日

JR北海道の断線事故に思うこと

JR北海道の脱線事故の詳細が少しずつ報道されています。線路の幅が規定より広がってしまっていたにも関わらず、補修が行われなかったことにより起こったことのようです。

JR北海道に限らず、かつての熟練した職員の技術・ノウハウが若い世代に十分に伝承されず、さらには十分な体制が整えられていないことにより起こる事故があります。それは一つには年功序列という制度の崩壊です。多くの組織である時期から新卒の採用を抑制し、職員の年齢構成のバランスが崩れてしまうことがあります。多くの年輩の職員を少ない若い職員が働いて支えなければならない構図です。

日本社会の病巣を象徴するような事故です。詳しくは「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」などが参考になります。

経営効率を優先して、何を失ってきたのか、考えざるを得ません。




人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。