人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2013年09月08日

日本の人口は昨年自然減は21万9128人

厚生労働省が9月5日に2012年の人口動態統計の確定数を発表しました。出生数は前年に比べて1万3575人少ない103万7231人となり、戦後最少を更新しました。死亡数は3293人多い125万6359人になり、出生数から死亡数を差し引いた自然減は21万9128人で、6年連続の減少となりました。

人口減少は基本的には日本にとってネガティブなことですが、日本の電力危機にとってはポジティブなように思います。電力を消費する人間が減っていくわけですので、日本の消費電力は確実に減っていくでしょう。さらに低消費電力の電気機器への交換が進んでいけば、電力削減も加速していくでしょう。

より省エネ性能に優れる電気機器に交換を進めたいですね。




人気ブログランキングへ





ラベル:人口減少 自然減
posted by ウホホイ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。