人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2012年08月27日

寿命の長い製品を作るメーカーを応援しましょう

世の中にとって良い製品とは何でしょう?

もちろん、いろいろな観点がありますので一概には言えませんが、有限である地球の資源を考えれば、消費電力(あるいはエネルギー)が少なく、長持ちするものということもできます。寿命も短ければ、短期間でゴミとして捨てなければならなくなりますので、その製品を作るのに使用された資源がすぐに無駄になってしまいます。

より効率の高い新製品が出ても、効率の向上率によってはすぐに買い替えるのではなく、製品寿命をまっとうさせてから買い替えた方がトータルのエネルギーとしても節約になる場合が多いようです。そのようなことはライフサイクルアセスメントとして調べられています。

まあ難しいことは置いておいて、最近ではLED照明が寿命が長く、従来の照明よりも効率が高いものとして注目されています。価格も急速に下がってきたため、急速に普及が進んでいます。これは限りある資源のことを考えれば喜ばしいことです。しかし、一つ困ったことがあります。寿命が長いので、照明の交換のために売れる「買い替え需要」が大幅に減少し、メーカーの収益を圧迫しているということです。

LDA6LE17 LED電球 パナソニック E17口金 電球色 6.0W エバーレッズ 調光器不可 限定特価

LDA6LE17 LED電球 パナソニック E17口金 電球色 6.0W エバーレッズ 調光器不可 限定特価


LEDシーリングライト パナソニック HH-LC570A

LEDシーリングライト パナソニック HH-LC570A


似たような話は自動車でもあります。自動車の品質が向上し、より長く乗る人が増えたため、自動車の買い替え需要が減少しているという話です。品質が良いので、中古車でも長く乗れるものが多くなりました。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】


メーカーが努力して耐久性の高いものを作ると、売り上げが落ちるというジレンマは今、多くの業界を苦しめ始めています。地球にとって良いことが必ずしもメーカーのためにはならないということです。

それでも良い製品を作り続けるメーカーを、その製品を買うことで応援したいですね。


人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。