人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2012年08月15日

未来の自動車はどうなる?

未来の自動車はどのようなものになるでしょうか?

世界の人口の増加、新興国の生活水準の向上による自動車保有者の増加を考えれば、さらなる燃費の向上が達成されなければなりません。もっともっと世界の自動車は増えるでしょうから、燃費が向上しなければガソリン・軽油の消費量が増え続けてしまうからです。原油の可採年数も心配ですが、地球温暖化などの環境負荷ももっと心配です。

日本では世界に先駆けてハイブリッドカーが本格的に普及しています。日本以外では米国で売れていますが、新興国ではまだまだです。もっと販売台数を伸ばして、コストダウン・低価格化できれば、新興国でも売れるのではないかと思います。

電気自動車にも期待が集まります。日本では日産自動車のリーフが販売台数を伸ばしていますが、それでもまだわずかで、最近は販売が鈍っているようです。充電スタンドの整備も必要ですが、充電には時間がかかるので、1回の充電で走行可能な距離を伸ばすことが必要でしょう。もちろん価格もまだ高すぎます。

そのためか、日産自動車から年内にリーフのモデルチェンジを行い、走行距離を200kmから250kmへ伸ばすようにするとの発表がありました。これはかなり大きな進歩ですが、まだ十分ではないでしょう。低価格版も発売されるそうですが、その場合は航続距離が現行モデルよりも短くなるそうです。まだまだ悩みは尽きませんね。

しかし、地球の未来のために一歩ずつ進歩していると信じ、応援したいです。



人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。