人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2012年02月05日

地震に備えて太陽電池+電池の「ソーラー予備電くん」を買う

東日本大震災の時およびその後の輪番停電などにより、電気の大切さを痛感しました。

本当に日々の生活は電気によって支えられています。電気が無いだけで多くの道具が使えなくなります。

携帯電話などもある程度は使えていても、電池が無くなれば使用不能となりました。特に震災と放射能漏れによる非常時で情報は命です。通信機器が電源が無くなって使用不能になることは非常に大きな問題です。

そんな状況で、トヨタのエスティマハイブリッド、プリウスなどのハイブリッドカーに装備されているAC100Vの電源は便利であったと報道されています。特にエスティマハイブリッドは1500Wまで使用できる電源ですので、ドライヤーや炊飯器も使えます。ガソリンがあれば電力を供給できるこのシステムは本当に頼りになったでしょう。



すぐにエスティマハイブリッドを購入できる人はおススメしますが、そうは言っても車は高額なので車を購入せずに地震などによる停電に備えをしたいものです。最近は「富士山が噴火するのではないか?」、「関東に大きな直下型地震が来るのではないか?」と心配されています。地震予知は技術的にも難しく、正確に予測することは困難ですが、いろいろな状況を総合的に考えて「いつ来てもおかしくない」とするのがむしろ自然でしょう。

実際に地震が来てみれば、「前からあれだけ警告されていたのに何も備えをしていなかった」と非難されかねません。

そんな状況ですので、実際備えを始めている人は少なくありません。今、売れているのがこの「ソーラー予備電くん」です。太陽電池パネルで発電した電気を電池に貯められるシステムですので、停電時も安心です。充電しておけば夜間も使用できます。





太陽光パネルがついていない、非常用電源もあります。これはあらかじめ充電しておいて、その電池分だけ使えるというものです。電池容量によっていくつかの種類がありますので、お値段と欲しい電池容量で最適のものをお選びいただけます。









一番容量の大きなタイプでは1000Wまで使用できます。





人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。