人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2012年01月01日

人口が減少すれば電力需要は減る?!

2011年の日本の人口減少幅は過去最大の20万4千人に達することが分かりました(年間推計値)。

人口20万人の都市と言えば、関東では小田原市、熊谷市などがあります。つまり1年間でこのレベルの年の人口が消えていると思えばその減少速度の大きさを実感できるかもしれません。

この減少は今後さらに加速していきます。

今の日本では原発問題により、電力不足が叫ばれています。人口減少も電力不足も喜ばしいことではありませんが、少なくとも毎年人口減少が進んでいくことは確実ですので、電力需要は着実に減少していくと期待できるのではないでしょうか?

それに省エネルギーとクリーンエネルギー創出への努力を続けていけば、原発を減らしていけると期待します。今頑張れば、さらに人口は減少していくので、電力の不足は耐えるほど緩和されていくように思われます。

今年はさらに省エネルギーに努力しましょう。

南魚沼産、特Aランクのコシヒカリ

人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。