人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2011年12月24日

一人でクリスマスを過ごす人へ

私、40歳代半ばですが、私ぐらいの年代から少し上までの年代は、バブル期に20歳代だったと思います。

バブルの頃は、クリスマスと言えば、高級なレストランでデートし、ブランド物のプレゼントを贈り、高級ホテルで一泊といったパターンが若者向けの雑誌で紹介され、そのようにしなければいけないのではないかと思わされるような雰囲気でした。

特に私は一人で過ごすクリスマスが多く、「みんな雑誌で紹介されるようなクリスマスを過ごしているのに、自分は何をやっているんだ!」と悶々と過ごすことが多かったように思います。

クリスマスの夕方少し遅い時間に一人暮らしの家に帰る時に、半分見栄でクリスマスケーキとシャンパンを買って帰ったこともありました。そして一人でクリスマスケーキにロウソク火を灯し、そのロウソクを吹き消し、シャンパンに付いていたクラッカーを鳴らし、シャンパンを空けました。

思わず涙が出て、やけでシャンパンを一気し、寝ました。

今思えば、世の中の若者全体がそのようなクリスマスを過ごせていたわけでなく、マスコミが作り出したイメージであったわけで、ある意味当時の若者の願望でした。

今の若者はどんなクリスマスのイメージを持っているのでしょう?

最近、新聞では未婚男性の6割、未婚女性の5割が「恋人がいない」との調査結果が報道されていました。

一人でクリスマスを過ごす方へ:

「どうか他人の創り出したイメージにプレッシャーを受けずに、自分らしく過ごして下さい」

(若い頃にさびしいクリスマスを過ごした中年より)

人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。