人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2011年07月17日

放射能の恐ろしさ、脱原発に向けて

福島第一原発の放射能漏れ以降、放射能の恐ろしさを改めて感じさせられています。

しかし、「のどもと過ぎれば・・・」的な感覚もあるようで、何となく楽観的なムードが漂い始めている気もします。

放射能との戦いはむしろこれからです。

原発で今回のようなレベル7程度の事故が起こると、取り返しが使いないことになるのです。

そのことを日本人は嫌というほど経験しながら、まだ多くの原発を日本で保有しています。

原発は発電し、電気を作り出すために利用されています。しかし、電気を作り出す方法は他にもあるのです。

人間である以上、完璧はあり得ませんし、ある程度の確率で事故は必ず起こることは今回の事故をみても明らかです。事故が起こった時にその地域を壊滅させてしまうようなリスクを取ってまで、原発で発電する必要があるとは思えません。

これまで日本は原子力発電に巨額の投資を行ってきました。高速増殖炉、プルサーマル計画などに今後も巨額の投資が計画されています。

これらの資金を新エネルギーの研究開発に充てていたら、もっと太陽光発電、風力発電、地熱発電の効率は向上し、コストは下がっていたでしょう。きっとそれらの技術によって日本は世界に貢献し、産業も育成されていたはずです。

大量の放射性廃棄物をまき散らすよりも、これらのクリーンなエネルギーの開発に注力すべきです。

このままこれまでのように原発を再稼働させる暴挙だけは回避しなければなりません。


原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書)小出 裕章

扶桑社 2011-06-01
売り上げランキング : 9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原発のウソ

酵素ドリンク、ファスティングダイエット




*よろしければポチッとお願いします!

banner_02.gif



ラベル:放射能 脱原発
posted by ウホホイ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。