人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2011年04月16日

原発を停止させて、代替発電は新エネルギーに期待

東日本大震災の影響で、電力の供給不足が続いています。これから気温が上がる夏場には大幅に電力が不足し、停電となる可能性も否定できません。

福島第一原発の事故により、原子力発電所の新設は今後ますます難しくなるでしょう。さらに老朽化が進む原発は順次停止していく可能性もあります。

日本として、リスクと向き合いながらも原子力発電に取り組んでいくのか、それ以外の発電に注力するのか、真剣に議論していかなければなりません。

今、日本の電力の約3割が原子力発電により生み出されています。

原子力発電を止めるのであれば、この分を他の発電方法により生み出さなければなりません。今年の夏の電力不足には今から発電所を建設したところで間に合いません。したがって、現在稼働中の原子力発電所を停止させるというわけにもいきません。基本的には節電および停止中の発電所の再稼働、民間の小規模発電からの受電で埋め合わせるしかありません。

中長期的には、LNGによる火力発電が有力候補ですが、海外から購入する化石燃料に頼る比率が上がれば、価格変動リスク、エネルギー安全保障上のリスクが増大します。国内で調達できる新エネルギーに活路を見出したいところです。

新エネルギーの割合が1.1%ありますので、これを10%以上に高めることは可能でしょう。それだけの市場となれば、製造コストも下がるはずですし、性能向上も期待できるでしょう。

火力発電の効率向上などもまだ期待できるのではないでしょうか。

最後に切り札となるのは省エネ技術です。送電網のインテリジェント化、いわゆるスマートグリッド化です。さらにIT技術を駆使し、家庭内・オフィス内のいろいろな機器の状態を管理し、電力需要の低い時に上手く電力を使用するように制御すれば、ピーク電力は下げられるはずです。そこには高性能電池も貢献するでしょう。

未だに技術的・社会的に見通しが立たない使用済み核燃料の処理に比べれば、格段に実現性が高い目標と思います。

多くの機器の消費電力の低減化など、まだまだ進歩するはずです。

まずは今年の夏に向け、エネルギー効率の低い機器を、より低消費電力な機器に代替していきましょう。






*よろしければポチッとお願いします!

banner_02.gif


posted by ウホホイ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。