人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2011年04月07日

脱原発を目指すべきでしょう

福島第一原発の事故により、電力不足で、夏場に計画停電が行われる可能性が高いようです。

これまで当たり前のように使えていた電気の大切さを痛感します。

また原子力発電所のリスクも十分認識しました。

日本はこれを契機に脱原発を目指すべきと考えます。

このような議論は何年も前からありました。クリーンエネルギーは不安定であるから使いにくい、コストも高いと言われました。しかし、原発の発電コストの計算方法が非常に怪しいことは、もはや精査するまでもないのではないでしょうか。

原子力発電所を誘致するためにかかる費用のすべて、建設後に周辺に支給する費用、原子力発電所から出る使用済み燃料の処理・保管コスト、今回のような事故時のコストなどが正当に計算に入れられているとは到底思えません。今回の事故の賠償金額でさえ「兆円のオーダー」となることは間違いないのですから。また使用済み燃料の最終保管場所さえ決まっておりません。今回の事件でほとんどの自治体は受け入れに難色を示すと思われ、多額の費用が掛かることは明らかでしょう。

これでもまだ原発の発電コストが安いなどと言えるのでしょうか?

自然エネルギーの発電コストと比べても段違いに高いと思います。

自然エネルギーの電力供給の安定性はどうでしょうか?確かに風任せの風力発電は不安定ですし、太陽光は夜は発電できません。これは電池などの蓄電設備、水の電気分解などの水素ガスの貯蔵などによって電気を蓄えれば、安定化は可能です。

最近、デスクトップパソコンの他にノートパソコンを使用して思いましたが、バッテリー搭載の機器は本当に停電時に頼りになります。オフィスなどでも停電対策用の蓄電池をそれなりにおけば、上記の電力の安定化にも寄与します。

このような取り組みの方が原子力を使いこなすよりもリスクが低く、かつ実現性が高いと信じます。








*よろしければポチッとお願いします!

banner_02.gif


posted by ウホホイ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。