人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年11月03日

韓国企業のキャッチアップ

液晶ディスプレイのように日本で産業化が大きく前進した産業が、韓国、台湾に奪われてしまっています。諸説ありますが、その原因の一つとして、製造装置が輸出されてしまっていることが挙げられます。

優れた研究成果を上げ、それを努力して製品化した後、それを製造するわけですが、ほとんどの場合、製造装置の開発は外部に頼ることが多いようです。そのため製造装置を開発した装置メーカーは、今度はそれを海外へ売って行きます。

海外企業からみれば、その装置を購入すれば同じようなものを製造できるので、非常に短期間にキャッチアップできます。もちろん製造現場のノウハウというものがあるので、使いこなすためには経験・知識・努力が必要です。

一般に製造現場で働く人はあまり待遇が良くないように思います。そのような熟練した人を、定年まであと数年といったタイミングで、非常に高い報酬で引き抜くということが海外企業から行われています。これで装置・ノウハウが揃うわけで、キャッチアップし易くなります。

これを防ぐにはメーカーで働く人の待遇を向上させることが必要ですが、簡単にはできないでしょう。

そのためメーカーでは製造装置を内製化する動きがあります。また一人の社員が製造現場全体を知ることができないように、立ち入り区域を厳しく制限するなどの措置を取っているようです。

企業間の競争も本当に熾烈です。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




通販で買いたいもの

今、欲しいもの!!

セルフ健康診断


ラベル:液晶 台湾 韓国
posted by ウホホイ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。