人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年08月30日

小中学校にクーラーを早急に設置すべきである

今日、小学校5年生の内の子供が体調が悪くなって帰ってきました。早退したわけではなく、授業がすべて終わってから帰って来たのですが、ずいぶん疲れた感じでした。

聞いてみると、この暑さの中、体育館で2時間組み体操の練習をし、休憩を挟んだ後、1時間また体育館で講演を聞いたそうです。もちろんクーラーなどありません。

今通学している小学校は、教室にもクーラーは無く、基本的に学校ではクーラー無しで過ごします。まだそのような学校も多いと思いますが、それにしても気温等を考えて、合理的な判断をして欲しいものです。

プールなどは水温がある温度以上にならないと水泳の授業を行いませんが、クーラーの教室・体育館では気温等は考慮されません。つまり、どんなに暑くなっても予定通り体育館で体育の授業を行いますし、教室で授業を行います。

あまりに暑い状況では運動をすること自体が危険であることは、生理学的にも明らかです。あまりに暑い状況で授業をすることも問題があることは明らかでしょう。

早急に小中学校にクーラーを設置することを要望します。今年の夏は例年以上に暑いことは記録的にも明白です。民主党はそのような予算をすぐ用意すべきでしょう。

誰か犠牲者が出なければ国は動かないのでしょうか?





*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




通販で買いたいもの

今、欲しいもの!!




posted by ウホホイ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。