人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年08月23日

信号はまだ十分にLED化されていない

前回、「道路の照明のLED化を進めて欲しい」と書きましたが、今日、職場から自宅までの道のり10kmを車で走っている間に、「そう言えば信号はどれぐらいLED化されているのだろう?」と気になり始めました。正確に数えたわけではないですが、おおよそ20ヶ所に1ヶ所程度LED信号であったような気がします。つまり5%程度です。

これはもちろん地域により異なりますが、ずいぶん前にLED信号が登場したことを思えば、まだまだ普及していないことを実感しました。夏場はお昼頃が電力需要のピークとなることが多いようです。夜間電力の方が一般に安いので、他の季節でも同様でしょう。

そう考えると、電力需要がピークになる時間帯の消費電力を減らすことができれば、本質的に問題の多い原子力発電所の数を減らすことができるはずです。つまり、信号や日中でも点灯されている照明をLED化することができれば、効果は絶大です。

日本が温室効果ガスの削減目標を達成できず、海外から巨額のお金を払って排出枠を購入するなどと言うような馬鹿馬鹿しい事態にならないよう、先行して確実に「省エネルギー」=「温室効果ガス削減」となるような分野に投資していって欲しいものです。





*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!




ラベル:信号 Led
posted by ウホホイ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。