人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年08月15日

お役所仕事

高齢者の所在不明の問題で役所の方々のインタビューを聞いていると、役所内の複数の部署で市民と直接連絡とる必要があって、それぞれが行方不明者と連絡が取れない状況にもかかわらず、お互いに協力・情報交換を取っていないということが確認できます。

理由の一つは「個人情報保護法」だそうですが、同じ役所内で行政手続きとして市民と連絡を取ろうというのに、個人情報保護法を持ち出すのも違和感があります。

市役所に限らず多くの行政機関では、マスコミにたたかれることを恐れて、このような行為に出ることが多いです。同じ役所内でこのような状況ですので、異なる行政機関間ではなおさらです。以前、税金はしっかり取るのに、年金記録がずさんであった例も記憶に新しいです。

行政に勤める方々は、基本的にルールを順守して、現状を変えない方向に努力することが多く、例えば法律・制度的におかしいと思っても、担当者から法律・制度を変えるべきだという意見はほとんど出ません。その法律・制度を順守することが仕事なので。

これに複数の行政機関間の権益がからむとなおさら改善は困難です。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!




posted by ウホホイ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。