人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年05月30日

農業、畜産業のリスク

日本に限らず世界のニュースを見聞きしていると、年に何回か天候等の問題で農作物の不作のニュースが有ります。また反対に豊作となって、結果として価格が下がり農家にとって困った事態になっているといったことも少なからずあります。

自然が相手の農業のリスクは本当に大きいと感じます。

その点で植物工場の普及は、一筋の光明のように感じます。人工的に温度、湿度、光量などを調節して植物を育成すると、本当に規則正しく植物は成長するようです。

家畜の育成は、家畜の種類にもよりますが、農業により人工的な要素が大きいと思います。しかし、宮崎の口蹄疫の問題以降、非常にリスクの高い事業であると感じました。このようなリスクを低くするためには、無菌室のように外界から遮断した空間で家畜を育てなければならないのでしょうか・・・。

ワクチン接種によって価値が下がるということが報道されていましたが、ワクチン接種によっても価値が下がらないような新型の動物用医薬品などの開発の方が効果的なのかもしれません。今回のように甚大な被害が起これば、そのような研究開発に資金が集まるようになるのではないかと思います。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


ラベル:農業 畜産 宮崎
posted by ウホホイ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。