人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年05月15日

WEBカメラの使い方

WEBカメラが普及しています。インターネットを経由して、相手を見ながらお話しすることがずいぶん気軽にできるようになりました。

例えばSONYのVAIO Eシリーズ VPCEB18FJ/Wのように、WEBカメラを内蔵したノートパソコンも増えています。


【送料無料】SONY/ソニー VPCEB18FJ/W VAIO Eシリーズ EB18 Win7HomePremium 64bit Office ホワ...

またこのような後付けのWEBカメラもずいぶん安くなりました。


驚きの高画質ですみずみまでも美しく映し出す【送料無料】200万画素一発接続Webカメラ:UCAM-DL...

そこでWEBカメラを使うための準備についてのポイントをまとめると以下のような点があります。

1.まずWEBカメラの画素数ついてですが、フルハイビジョンのテレビでさえ200万画素強ですので、最大でも200万画素まであれば良いと思います。パソコンなどの画面で見る場合には、画面サイズが小さいので、もう少し画素数が低くても十分と思います。

2.どちらかというとフレームレートが重要です。30fpsあればかなり滑らかな動画が観れます。

3.また回線の速度がある程度以上ないと、自動的に画質が落とされ、フレームレートも落とされることが多いようです。光ファイバーを使った回線であればもちろん快適です。

4.相手と通信する時に同じソフトを使用する必要があります。これが意外と普及の妨げになっているような気がします。特別な理由がなければ、メジャーなSkypeなどを選ぶのが良いでしょう。

5.通信をするためのいろいろな信号処理をパソコンがこなしますので、パソコンのパワーがそれなりに必要です。ネットブックなどによく搭載されているAtomなどではつらい感じがします。できればCore i3以上のものを選ぶと快適です。WEBカメラなどに推奨条件が書かれていますが、条件ギリギリではつらい気がします。

WEBカメラでコミュニケーションを楽しんで下さい。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


ラベル:Webカメラ
posted by ウホホイ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。