人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年03月13日

最先端研究開発支援プログラム交付額の決定 2

(前回の続きです)

実際の研究開発においては、ある学術的な発見が活用され、実際の製品が発売されることがあります。さらに主にその企業等が中心となり、その製品の性能を向上させる開発、より効率よく生産し、コストダウンするための努力が行われます。コストダウンさせるためにもいろいろな発明・技術が駆使されます。

しかし、通常はある技術はある程度研究開発が進むと成熟し、壁にぶつかります。この壁を超えるためには、イノベーションが必要です。それはこれまでの技術とは異なる新たな発見に基づくものであったり、全く異なるアプローチであったりします。したがって、イノベーションを起こすためには、実用分野の研究の現場での知見を基に再び基礎研究に取り組む必要があります。また基礎研究に取り組むものも、それを実用の場へ渡そうという努力が必要です。

科学技術の発展には応用(実用)研究と基礎研究の相互交流が必要で、単純に区分けできるものでもありません。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


posted by ウホホイ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。