人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年02月11日

自動車の部品

7年ほど前に、自動車の部品を製造するあるメーカーに見学に行ったことがあります。その際に半導体の生産設備を見せていただいたのですが、当時の半導体の技術水準からみて一世代前のものを製造していました。そのメーカーの実力から考えて、もっと高性能の半導体を作れるのではないかと不思議に思って質問したら、「最先端のものは十分な信頼性・耐久性が確認できてなく、それらを確認するには時間がかかります。この半導体は十分に信頼性・耐久性が確認済みです。このようなことは自動車の部品としては当たり前のことです。」と言われました。

パソコン、携帯電話、DVDレコーダーなどの最先端のデジタル機器は、経験上不具合が多く、突然動かなくなることも少なくありません。それでもそのような不具合が命にかかわることはあまり考えにくいので、それに慣れてしまっていますが、確かに車のいろいろな制御に関わる半導体が突然動かなくなったら大変な事故につながる可能性があります。

当時、車の部品の信頼性というものも高いレベルのものが求められるんだなあ、としみじみ思いました。

今回のプリウスの不具合は、ソフトウェアの改変で修正されるそうですが、さらに莫大な量のソフトウェアのバグ探しというものも気の遠くなるような話です。

それにしてもアクセルべダルの不具合、フロアマットの不具合などは、それほど複雑な話ではなく、かつ古くから使用されている部品ですので、なぜこのようなことになったのか不思議に思います。

やはり大企業病なのでしょうか?

トヨタと言う企業は、これまでも何度も苦境を乗り切り、その度に強くなってきました。今回の困難も乗り越えてくれると思います。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


posted by ウホホイ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。