人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年02月04日

新型プリウス、問題発生

新型プリウスのブレーキに関する苦情が、日米で多数発生しているようです。それを受けて、国土交通省も独自の調査を行うことを発表し、トヨタ自動車にも調査・対策を指示しました。

新型プリウスは、この景気が悪い情勢下でも、エコカー減税等の効果もあり、トヨタ自動車にとって数少ない売れる車です。この影響はかなり大きいと思われます。

ハイブリッドカーは、エンジンとモーターをコンピューターで制御して走行するわけですが、減速から停止までの間も、通常のブレーキと回生ブレーキ(車輪の回転を利用して発電し、それをバッテリーに蓄電するためのブレーキ)をコンピューター制御しています。

ハイブリッドカーはこのコンピューター制御するためのプログラム次第で、ハードそのものが同じでも大きく走行性能・フィーリングが異なり、そのプログラムの設計が重要なノウハウとなります。初期型のプリウスでもそのようなことが話題となり、コンピューター制御の難しさを感じましたが、プリウスも3代目となり、プリウス以外のハイブリッドカーを多く製品化しているトヨタで、このような問題が発生するとは驚きました。どこかに「大企業病」的な隙があったのでしょうか?

人の命にかかわる重大な問題です。早急な対応が求められます。

*「トヨタかなりのピンチです

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


posted by ウホホイ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。