人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2010年01月23日

デジタルツールを使いこなしましょう

技術の進歩はまさに日進月歩です。

仕事柄、研究発表をいろいろなところで行いますが、ノートパソコンを持参していってパワーポイントで発表するのが当たり前になったのはいつ頃だったでしょうか?

それ以前はOHPのシートを持参して行きました。ノートパソコンでプレゼンするようになってからも、国や地域によってはプロジェクターが置いてなく、OHPでプレゼンしなければならない場合もあったので、両方用意していたことが1〜2年ぐらいあったような気がします。

またノートパソコンを持参するようになってからも、インターネットに接続できるLANの環境はまだ整備されてなく、海外などに行ってもダイヤルアップで電話回線から接続していた時代が数年あったように思います。そのため海外出張用にモデムセーバーという電圧等の違いからモデムを保護するようなツールを携帯していましたが、今ではすっかり必生無くなりました。

先日は海外へ学会を開催するためのプログラム委員の会議に出たのですが、当たり前のように会議室で全員ノートパソコンを無線LAN接続させた状態で会議しました。会議は複数の部屋に分かれて行っていたのですが、全体への連絡は随時電子メールで伝えられ、会議で決定したことはその場で学会ホームページにオンラインで記入していくというやり方でした。

その場へ行くまでに、事前にそのようなやり方で行うとは連絡も無かったのですが、最近のノートパソコンはほとんど無線LAN対応なので問題ありませんでした。

それなりのデジタルツールを持っていないと会議に参加することさえ困難な時代のようです。

便利なデジタル機器が次々に登場して来るので、もちろん前向きにとらえて活用した方が良いです。今、個人的にはiPhoneのようなスマートフォンが欲しいです。

以前は、携帯用の電子辞書を持って海外出張に行っていたのですが、最近はノートパソコンに辞書が入っているので持ち歩かなくなりました。しかし、ノートパソコンも常に電源を入れて持ち歩いているわけではないので、すぐに見れないと使わなくなります。しかし、携帯電話に辞書が入っていて、すぐに見れればノートパソコンよりも使うと思います。

さらに携帯電話でインターネットに接続できればますます便利です。

最近はiPhoneとWindows 7の登場で、タッチパネルに注目が集まっています。昔からタッチパネルはありましたが、指を2本以上使って、より高度な使い方ができるようになったのは最近です。これで一気に魅力が高まりました。

昨年、シャープのノートパソコン、メビウスで光センサー液晶パッドを搭載した機種が登場したのはご存知でしょうか?



シャープのノートパソコンは家電量販店でもあまり置いていないので、ご存知ない方も多いのではないかと思います。このノートパソコンに搭載された光センサー液晶パッドは、パッドから指で入力できるだけで普通のパッドとあまり使用上差が無いように感じられたかもしれません。実際、使ってみたことが無いので使い勝手はよくわかりませんが、このIn-Cellと呼ばれる技術は非常に将来性を感じます。

これは光学式でその液晶画面から情報が読み取れるからです。つまりさらに技術が成熟してくれば、おそらくスキャナー機能が追加されるでしょう。そうすれば、パッドだけでなく大きな画面側に搭載し、文書などをスキャナーとして読み込めるようになるのではないかと期待されます。

それよりもおそらくもっと早い段階で、iPhoneなどのスマートフォンにこのIn-Cellの技術が搭載されるでしょう。すると考えうるのは名刺などの読み込みです。名刺をもらってすぐに自分のスマートフォンに読み込めるようになるでしょう。普段それを持ち歩いていれば、名刺データがすべて必要に応じて呼び出せて確認できます。

今現在でもカメラでデータとして取り込むことはできますが、接写は手ぶれもあって案外難しいものです。

新しい機能をもったツールの登場は楽しいですね。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




おススメの贈り物

今、欲しいもの!!


posted by ウホホイ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。