人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年11月30日

事業仕分けと科学技術

政府による事業仕分けに対して、大学関係者、さらにはノーベル賞受賞者まで、異議を唱える声明が出されています。

国のお金の使い方に関することなので、聖域化せず、議論を深めた方が良いと思います。しかし、テレビで放送されている事業仕分けの状況をみると、如何に国のお金によって行われている事業・助成が多いかということを痛感します。

あれだけ多岐にわたることをすべて十分に議論し、どれぐらいの予算を充てるのが適切なのかということは、神様でもなければ正確には分からないことなのではないかと思います。

重要なのは、既得権益化した誰が考えても無駄と思われるものが廃止するということなのでしょう。

ところで、科学技術に対してどのように予算配分すべきかということは、誰が考えてもそれほど明快な答えは出ないのではないかと思います。

明らかなことは、大学および国立の研究所などにおける研究活動は、国からの研究費の助成がなければ成立しないということです。もちろん民間から大学への研究費の提供が無いわけではありませんが、国からの助成に比べれば桁違いに少ないはずです。

学術の世界で生きている人々は、外部から、特に国からのお金をもらえなければ、どんなに優れた研究をしていても、すぐに活動できなくなってしまうということです。これはいわゆる文系の研究とは大きく異なります。学術の世界でノーベル賞受賞者は、ある意味頂点に上り詰めた人なのですが、そのような人たちでさえ、国に陳情しなければたちまち研究活動としては経ちいかなくなる故に、あのような声明を発表していると思います。

そのような成り立ちをよく理解した時に、大学への科学技術のための助成金を大幅に削減することが本当に日本にとって良いことなのか考えなければなりません。理工系・医学部系の大学へ独立採算を求めても無理なのです。

大学への研究費を大きく削減すれば、日本の学術の世界における地位が大幅に低下することはまず間違いありません。大学の研究・存在意義というものを否定する方向で進めるのかどうか、今後の動向を見守っていきたいです。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




今、欲しいもの!!


posted by ウホホイ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

事業仕分け 経済産業省
Excerpt: 入門行政の「事業仕分け」商品価格:1,800円レビュー平均:0.0 きょうの出来心:りんごの出荷調整 「事業仕分け」だけれど・・・価値観の違いで大きく異なると思ったりした。石原知事、蓮舫氏発言..
Weblog: 旬のネタ動画
Tracked: 2009-11-30 11:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。