人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年11月01日

ワイシャツの襟の汚れの落とし方3

以前、このブログでワイシャツの襟の汚れの落とし方について書きました。

自分でもまだ満足できる程度に汚れが落ちていなかったので、あれからまだ試行錯誤を続けています。その結果、最近ようやく満足できるレベルに到達できたので、その方法について以下に書きます。

方法は簡単です。

1.やかんでお湯を多めに沸かします。ちなみに私は2リットルぐらい沸かしています。

2.洗面所で、ワイシャツの襟に市販の汚れ落としをつけます。この時に塩素系の漂白剤を使うのは止めましょう。界面活性剤の入ったいわゆる洗剤が良いです。私は花王の「アタック シュッと泡スプレー」を使っています。お湯が沸くまでの間(5分〜10分程度)、洗剤を染み込ませます。

3.洗面台の栓を閉め、水が貯められる状態で、ワイシャツの襟を一番洗面台の低い位置に置き、沸騰したお湯を注ぎます。そのまま20分〜30分程度放置し、お湯が十分に冷めたら、軽く水ですすぎ、洗濯機に入れ、普通に洗います。


襟の部分にしつこくしみついた皮脂汚れが落とせるかどうかは、繊維から皮脂成分がはがせるかどうかにかかっています。そのような意味で、温度を上げて温めるということは効果があるようです。油は温度が上がれば柔らかくなり、下がれば固まりますので。

通常のワイシャツは、高温でアイロンがけできますので、お湯をかけても問題ないと思います。あまり高い温度にしてはいけない衣類などを試す時にご注意下さい。何かトラブルがあっても責任取れませんので・・・。










*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。