人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年10月06日

CELL REGZA 55X1

CEATEC JAPAN 2009に行ってきました。不況のため、昨年に比べると大きく出展数が減少したようですが、注目すべき出展はいくつかありました。

その筆頭は、すでにテレビで報道されていますが、東芝のCELL REGZA 55X1です。東芝、ソニー、IBMが共同開発したあの最新のマイクロプロセッサCELLが搭載されています。CELLは卓越した演算処理能力を誇り、現在世界最高峰のスーパーコンピュータに用いられています。しかし、身近な製品では主にソニーのプレイステーション3程度にしか採用されおらず、巨額の開発費が回収できていません。

正に「宝の持ち腐れ」状態だったわけですが、これがテレビに搭載されて量産されれば、普及に弾みがつきそうです。

「テレビになんで高速のマイクロプロセッサ?」という感じがするかもしれません。かつてのブラウン管テレビは、テレビ電波として送信されてきたアナログ信号を、忠実に映像にする装置だったわけですが、現在のデジタルテレビはそうではありません。もちろん映像信号から映像を作り出す点は同じですが、非常に高度な演算処理をしています。

例えば、通常のDVD版の映画などをフルスペックハイビジョンのテレビで観ると、画素数がソフトとハードで異なっているため、元々少ない画素数の信号をハイビジョン用の画素数に処理しています。つまり元の画像よりも高精細に変換するという驚異的なことをやっているわけです。

こうなると映像信号を忠実に映像に変換するというよりは、新しい画像を作り出していると言って良いでしょう。

しかし、今のデジタルテレビでは、処理能力が十分でないためか、DVD版の映画をハイビジョンのテレビでみると画面に残像が出たり、不自然にちらついたりすることがあります。そこでこのCELLの卓越した処理能力が生きてくるのです!実際、見とれてしまうほど美しい映像でした。

またYouTubeなどで観られる画質低い映像もCELL REGZAできれいに加工し直して見せていました。本当に驚異的です!

もちろんこれだけではありません。計3TBのハードディスクを駆使して、8番組を録画し続けることができます。音質も最上級です。モンスターマシンと呼ぶにふさわしいでしょう。やはり日本のエレクトロニクスの底力はすごいと思いました。

12月上旬に100万円程度で発売される見込みです。

一般人にとっては価格も「モンスター」ですが・・・。お金持ちが買って、早く値段が下がることを祈ります。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




ラベル:CELL REGZA 55X1 東芝
posted by ウホホイ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

こちら葛飾区亀有公園前派出所 歌詞
Excerpt: 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所商品価格:1,050円レビュー平均:4.72 こちら葛飾区亀有公園前派出所 僕はとてもこち亀が好きです!漫画もアニメも小説も好きです!しかしテレビでこち亀がやってい..
Weblog: こちら葛飾区亀有公園前派出所
Tracked: 2009-10-07 23:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。