人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年08月29日

国債を増刷してはいけないのか?

いよいよ明日、衆議院選挙となります。大方の予想は民主党の圧勝ですが、いずれの党が政権を取ろうとも、多くの困難な問題の解決に取り組まなければなりません。有権者として、真剣にマニュフェストを読み、将来の日本を託せる政党に投票を入れたいと思います。

しかしながら、正直なところ、今の日本が抱える多くの問題をどのように解決して行けばよいのかという具体論を考えると、よくわからない点がいろいろとあります。もしかしたら専門家を自称する人々、実際の実務担当者も良くわかっていないのではないかと思う節もあります。

例えば「国の借金が増え続けているので消費税を上げなければいけない」という主張も正しいことなのかどうか判断が難しいです。

確かに国の予算が毎年の税収で賄われ、国債を発行しないで済めば何の問題もありません。実際、国債は増え続け、最近の経済対策でさらに増加し、税収も減少し、一向に減る気配がありません。よく耳にすることは、「このまま国の借金が増え続けると、いつか国債が暴落し、金利が上昇し、国家が破たんする」といったような話です。

しかし、ここまで国債が増加して来るまでにそのような兆候はみれません。日本の銀行は、預金者から預かったお金をあまり貸し出しにはまわせず、かなりの部分、日本国債の購入に充てています。実際、米国債などと異なり、日本の国債の債権者はほとんど日本国民なのです。

多くの日本人は、未だに国債が最も安全な投資先と考えており、低金利が続いています。とても日本国債が投げ売りされるような状況が想像できません。

また国が紙幣を印刷すると、「通貨発行益」というものが生じるようです。つまり紙幣の価値よりも、印刷に要するコストの方が低ければ利益が生じるわけです。このように通貨を発行する権限を有する国の財政を、よく行われるように「サラリーマンの一般家庭の家計」に例えるのは適切ではないような気がします。一般家庭で紙幣を発行することはできないわけですので。

実際、過去にも紙幣を増刷して、日本の財政を好転させた事例があるようです。詳しくは以下の書籍などをご覧下さい。

国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ
国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ
おすすめ平均
starsマスコミの印象誘導から逃れる一助に
stars日本を、いや世界を不況から救う方法
stars正論!
stars勉強になります!
stars理数系の経済家に日本経済の真実を伝えて欲しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif

*求人情報はこちら
*健康・アンチエイジング・美容はこちら


posted by ウホホイ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。