人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年07月04日

電子ペーパーが欲しい

最近の10年ぐらいの間に、ディスプレイは大きく進歩しました。液晶テレビがブラウン管テレビに置き換わりつつあり、ノートパソコン、携帯電話、DS、PSPなどの携帯機器の画面も驚くほどきれいで高精細になりました。

最近は、携帯電話などで小説や漫画などをダウンロードして読めるようになってきましたが、どう思いますか?正直なところ、画面が小さすぎて見にくいです。そういう点では、「電子ペーパー」の開発が期待されます。これはその名のごとく、「何度も書き換えできるような紙」をイメージして開発されているものです。ものを印刷して読む媒体としては、紙は非常に優れていて、目にもやさしいです。私も、パソコンで読めるものでも、量が多くなるとプリンターで印刷して読みたくなりますが、それほど持ち運びできるような「紙」という媒体は便利なものです。

電子ペーパーの通常の液晶テレビなどとの違いは、非常に薄く、折り曲げることもでき、消費電力が少なく、電源を切っても紙のように文字が読めるというものです(多少大まかな説明ですが・・・)。このようなものが試作され、初めて発表された頃は、別に折り曲げられなくてもよいのではないかと思いました。しかし、最近気がついたのは、折り曲げられることが重要なのではなく、多少力が加わっても壊れにくく、丈夫で柔軟性があるという意味で「曲げられる」ということであれば非常に魅力的ということです。

例えばA4ぐらいの下敷きをイメージして下さい。この下敷きに毎日新しい新聞が送信されてきて、それを電車の中などでカバンから出して読めれば便利です。iPhoneのように画面にタッチして見たい位置にずらして行ったりできれば、混雑した電車の中で新聞を広げて周りに迷惑かける人もいなくなるかもしれません。また混雑する電車の中ではギュウギュウ押されて、カバンに入れてあるものが壊れないか心配になる時があります。それもプラスチックの下敷きのように丈夫で、多少曲がっても大丈夫であれば持ち運びしやすいです。

そんな電子ペーパーが実現すれば、是非買いたいです。ちなみに現状ではまだそこまで開発できていません。しかし、曲げても壊れない、電源を切っても紙のように読める、データを送受信できる、新聞が読める程度の精細な表示ができる、といったところまではそれぞれ個別の試作品では実現しています。後は、これらの特徴をすべて備え、さらに軽く、薄くなっていけば、イメージに近づきます。

10年以内には普及するかもしれません。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。