人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年05月31日

社員を大切にする

前回、書籍「日本でいちばん大切にしたい会社」を紹介しました。書評を書く場合、必要以上に本の内容を書き過ぎてしまって、これから読もうという方の興味を失わせることのないように配慮しなければなりません。先日、映画の試写会で、ストーリーがばれてしまうような挨拶をしてしまって、観客からブーイングを受けていた人もいました。

そんなことを考えながら前回のブログを書いたので、逆に内容がなんだかほとんどわからないと感じた方もいらっしゃるのではないかと思います。この出版社がこの本を紹介しているホームページを確認したら、かなり詳しく書いてありましたので、その一部であれば書いて良いと思いますので、一言だけ触れます。

この本で、著者は、「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動」であるとして、その筆頭に「社員とその家族」を挙げています。昨今、「会社は誰のものか」という議論では「株主のもの」という考え方が主流です。この点が、非常に新鮮なのです。さらに具体的な事例を挙げて、それを説明しています。

ご興味ある方はには、是非お薦めしたい本です。

ところで、会社経営をしていると、おそらくほとんどの場合、経営者は如何に従業員を仕事に向かわせるかということに苦心することとなります。つまり、ある程度の規模の会社になると、誠実に仕事に取り組まず、平たく言えば「仕事をさぼる」社員が存在するのが普通です。そういう点では、従業員同士の方が誰が努力していて、誰がさぼっているかよく知っているものです。

社員を大切にするということと、仕事をさぼる社員を容認するということは難しく、その判断基準をどのようにするかということも古くて新しい問題です。社内というのは狭い村社会で、社内の常識が一般社会の常識とは異なる場合が多いのも事実です。基準を誤ればハラスメントとなり、何もしなければ組織が崩壊します。これは永遠の課題でしょうか・・・。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



ラベル:社員 従業員 会社
posted by ウホホイ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。