人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年04月11日

スマートグリッド

スマートグリッドが話題になっています。Wikipediaによれば、「スマートグリッドとはエネルギーとコストを節約するために情報技術をもちいて供給者と消費者のあいだの電力伝送をおこなう技術」のことです。

7年ほど前であったかと思いますが、某大手電力会社の人と、風力発電・太陽光発電について話をする機会がありました。「原子力発電は、放射性廃棄物の処理の問題、万が一放射能漏れが起こった時の被害の大きさなどを考えると、少しずつでも風力発電・太陽光発電を増やしていって、さらに省エネを進め、原子力発電をを減らしていった方がよいのではないですか?」と私は質問しました。それに対する返答は、「原子力発電は安全です。二酸化炭素の排出量も少なく、今後さらに増やしていくべきです。風力発電・太陽光発電は出力が安定せず、それらが分散してそれぞれ電力網に接続されると、送電が不安定になります。」というものでした。

私も、発電・電気の専門家ではないので、それ以上の質問はしませんでした。原子力発電に付随する問題を技術的に解決することよりも、風力発電・太陽光発電などによる分散した発電所から送電網に電気を供給する、より高度な電力網の制御の方が、技術的にもハードルが低いのではないかと思います。

実際、米政府が主導してスマートグリッドの研究が始まります。日本も経済産業省の呼びかけで東京電力、パナソニックなどの企業が参加を検討しているそうです。

電力会社にとっては、効率の高い原子発電所で集中して発電し、そこから送電した方が事業として容易であることは理解できます。また国が主導して進めてきた原子力政策により、いろいろな助成があるのかもしれません。このことが風力発電・太陽光発電の普及に後ろ向きな要因となっている気もします。

しかし、太陽光発電への助成も再開します。クリーンエネルギーの活用は地球規模の問題です。政府が確たる方針を示し、電力会社ももっともっと協力をお願いしたいです。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。