人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年03月14日

謝恩会

今年度も残りあとわずかです。全国的に卒業式が行われるシーズンが近づいています。アラフォー末期の私からすると、卒業式と言えば謝恩会を連想します。私も大学を卒業する時に、謝恩会に出席しました。しかし、私よりも数年後輩の学年から謝恩会が無くなったそうです。「謝恩会」の趣旨を理解しない人が増え、出席率が低下したことがその理由のようです。

そのため、念のために説明しておきますと、謝恩会とは、「師から賜わった恩に感謝の意を表し、卒業生が開催する会」のことです。そういえば「恩師」という言葉もあまり耳にしなくなりました。

韓国、台湾、中国などでは、教員はまだ敬意の対象のようで、一昔前の日本を思わせます。日本では「学校の先生」という職業も、他のサービス業となんら変わらない職業となってしまったように思います。

確かに教員という立場を利用して、理不尽な振る舞いをするような人に対しては意義を唱えるべきと思います。しかし、本当に学生の将来を考え、親身に指導にあたられている人に対しても敬意を払わず、当たり前のように思うことが本当に良いことなのか、疑問を感じます。

子供の頃から成長し、年を重ね大人になるまでの間に、自分の人生を左右するような大きなきっかけをくれた人、その道で一人前としてやって行けるように真剣に指導してくれた人、そのような恩師を敬う気持ちを持たないとうことが本当によいことなのでしょうか。

モンスターペアレントに代表されるような問題が、学校ではあります。親が教員に敬意を払わない姿勢が、素直に子供に反映されるところから、師を敬わない文化が形成されているのではないかと思います。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼します。私は金融恐慌と環境問題を解決する経済学を考えています。
そこで、ぜひとも意見を聞きたいです。見に来て、何か書いてくださればありがたいです。
概略は以下ですが、HPかブログを見て全文読んでいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
無理に景気回復しないでもいい。景気は自然に循環する。
金儲けの好きな人は勝手にがんばります。
需要が無いなら生産を減らそう。休めば環境への負担が減る。
消費をするより貯金が正しい。弱い企業を助ける必要は無い。強い企業が伸びるのを阻害する。
失業者などの衣食住を守れば不況でも大丈夫。失業対策でグリーンニューディールなどで仕事を作る必要はあるだろうけど。
自分の工夫で生活を豊かにするのもいい。
労働者は国際的に連帯して勤務条件を良くするべきだ。
ブログ http://keizai21.blog10.fc2.com/
HPホームページ http://www.geocities.jp/tuujii2000/
Posted by 草田 at 2009年03月18日 05:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。