人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2009年02月22日

江東区女性殺害事件

先日、江東区女性殺害事件の公判が行われ、検察側の死刑求刑に対し、に東京地裁で無期懲役判決が出されました。

いろいろと専門的な難しい解説もありますが、要するに一人を殺害しただけでは、死刑になる可能性は低いということのようです。残虐性などその他の観点も必要なようです。今回の事件でも、「冷酷ではあるが『残虐極まりない』とまではいえない」というようなわけのわからないことが言われていました。

そう考えると、誰かを殺害したい、けれども死刑にはなりたくないと思えば、相手があまり苦しまないように配慮して殺害すれば良いということなのでしょうか?

結局は、世界的には死刑廃止論が高まっていて、日本ではまだ死刑を執行しているために圧力がかけられていることが根底にあるような気がします。人の命の尊さ、その命を奪うことの罪深さを考えれば、理不尽な理由で一人の人間を殺害するだけで十分に死刑に値すると思うのですが、如何でしょうか?

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。