人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年11月29日

内定取り消し331人以上の見込み

景気悪化の影響で企業から採用内定を取り消された来春卒業予定の学生は、全国で331人に上ることが11月28日、厚生労働省の調査で分かりました。雇用契約を更新されなかったり、契約途中で打ち切られたりする、いわゆる「派遣切り」などで失業した非正規労働者が10月以降、来年3月までの実施予定も含め、全国で3万人に達することもわかりました。

今後は早期退職、企業倒産などによる正規社員の雇用も影響が出てくると思います。

20年ぐらい前は、これほど非正規労働者比率は高くなかったと思います。そのため、不景気になってもそう簡単に労働者を解雇できなかったように思います。裏付けとなるデータがないためはっきりわかりませんが、その分倒産リスクが高まったり、逆に景気が良い時に簡単に雇用を増やせなかったりするのではないかと思います。

このような厳しい時代ですので、正社員を増やし、簡単に解雇せずに経営努力している企業は応援したくなります。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。