人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年11月24日

ワイシャツの襟の汚れの落とし方2

先日、「ワイシャツの汚れ」の洗濯について書きました。今回はその続報です。

あれからお風呂に入る時に、お湯と普通の身体・顔用の石鹸でワイシャツの襟を洗っていました。それなりに汚れは落ちるのですが、何回か着ているとどうしても汚れが落ちなくなってきます。

洗浄に関するメカニズムを少々科学的な観点から調べてみました。物に付着した汚れを落とすためには、2つの段階があるそうです。

最初の段階は、汚れとそれが付着しているもの(被汚染物)を引きはがす段階です。石鹸(界面活性剤)などを使用した場合では、汚れと被汚染物の間に界面活性剤が染み込んでいくことがこの段階になります。

次の段階は、被汚染物から汚れを遠ざけ、再度汚れないようにする段階です。洗ったものをすすぐ段階がこれに相当します。すすぎがなければ、汚れが再度付着してしまうからです。

なぜなかなか汚れが落ちにくいのか考えました。お風呂場で、お湯に濡らし、石鹸を付けてもみ洗いし、数秒〜数十秒程度おいてから流していました。おそらく、汚れに石鹸が付けられている時間が短すぎて、前述の第1段階がうまくいってないのではないかと思いました。

そこで、市販の襟汚れ用の洗剤が自宅にありましたので、お風呂に入る前にこれを襟の部分に付けて、10分程度おいてから、すすぎ、その後にさらに石鹸で洗いました。それを翌朝に洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗いました。

石鹸だけの場合よりも格段に効果があったような気がします。

これでワイシャツの寿命が延ばせると嬉しいです。


*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。