人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年11月09日

殺人が最も多い都道府県は?

先日、刑法犯の都道府県別犯罪率ワースト1は大阪府ということを書きました。

それでは殺人についてはどうでしょうか?

警察庁の犯罪統計書によれば、2007年の殺人の認知件数が最も多いのは東京都で133件です。次いで大阪府102件、神奈川県99件、兵庫県76件、千葉県69件です。殺人は1134件発生していますので、ワースト5の都府県で全体の約40%の件数です。

これら都府県の人口は東京都1275.8万人、大阪府881.2万人、神奈川県888万人、兵庫県5589万人、千葉県6098万人(2007年10月1日現在)ですので、これら5都府県の人口当たりの殺人の認知件数が最も多いのは兵庫県ということになります。次いで大阪府、千葉県、神奈川県、東京都という順番です。

殺人がどういう場所で起こっているかということをみてみると、一戸建住宅が396件、中高層住宅が168件、その他住宅が187件で、これらを合わせると751件で、全体の62.6%です。次に多いのは道路上の147件です。

殺人の検挙率は96.5%です。未解決の事件もありますが、殺人を犯したらほとんどは捕まると思った方がよいでしょう。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif





posted by ウホホイ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。