人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年11月07日

生活支援定額給付金

緊急経済対策のため、政府が生活支援定額給付金というお金を配ろうとしています。経済政策というものは、シンプルに考えると、如何にお金を循環させるかということになると言えます。

景気が悪くなり、給料が減りそう、場合によっては失業しそうという状況になると、普通の人は財布のひもが固くなります。そうするといろいろなお店の売上が下がり、回り回って結局は自分の給料もさらに下がるという悪循環になると考えられます。おおまかにはこれが「合成の誤謬」というものです。

そこで、政府がお金を配って、みんなにお金を使ってもらって、景気を浮揚させようというわけです。過去にも市域振興券というものを配ったことがありましたが、あまり上手くいきませんでした。それは、多くの人が将来に不安を持ち、結局はお金を使わず、銀行やタンスにしまっておかれ、お金が社会の中で循環しなかったからです。

私自身は「内需拡大」と気合を入れてお金を使っています(欲しいものがあるから屁理屈を言って使っているだけという説も有り)。今回も先行き不安が解消されないと、お金を配ってもあまり効果はないのではないでしょうか。

ただ単にお金をばら撒くのではなく、規制緩和や法改正などによる新産業の育成、将来役に立つような本当の社会資本にお金を投じるべきであると思います。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。