人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年10月26日

食の安全

中国で、メラミンが混入された粉ミルクが原因と思われる乳幼児の腎結石等の被害が生じて明るみになってから、日本国内でもいろいろな食品でメラミンが検出されます。メラミン以外にも、毒物が食品に混入する事件が相次いでおり、食の安全というものを改めて考えさせられます。

食糧自給率が低い日本では、これからの日本の農業をどのように発展させていくかという課題は非常に重要で、これまでもこのブログで触れてきました。「食の安心」に対する不安が高まっている今こそ、改革の機会と思います。

セブン&アイホールディングスなども農業へ参入を発表しています。調べてみると、他にもいくつかの企業がいろいろな形態がありますが、農業へ参入し、自分たちが売る食品を自前で生産する試みを始めています。

例えば、今回ピザにメラミンが混入したことが報道されたサイゼリヤも、ピザ生地は中国産でしたが、野菜・お米など多くの食品を契約農家とともに生産しており、品種改良まで手掛けています。食の安全ということを考えると、自前で生産するということが一番確実です。日本の食糧自給率ということを考えても、もっともっと広まってもらえればと思います。

農家とも販路が確保されるわけで、良いパートナーシップが構築できればメリットがあります。つまり農業振興にも効果があると思います。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食糧問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。