人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年10月22日

お医者さんが足らない

妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の女性が都立墨東病院など7病院に受け入れを断られた後に死亡した問題が報道されています。また小児科医がうつ病によって自殺したのは、過重な労働が原因として、遺族らが、勤務先だった病院に損害賠償を求めた民事訴訟についても報道されています。

一昔前は、急病になったら救急車を呼んで、その後お医者さんに助けてもらえるというように漠然と思っていました。そのため、医療水準が低く、貧しい国々の人はかわいそうと、単純に思っていました。しかし、今の日本は、急病になってもお医者さんに診てもらえない国のようです。

それは決してお医者さんが怠けているわけでなく、むしろ過重な労働で苦しんで、それほど働いてもお医者さんが不足していることが原因の一つのようです。何でこんな国になってしまったのでしょうか?他の先進国はどのような状況なのでしょうか?

とにかくお医者さんを増やすこと、お医者さん以外の人でもできることは、サポートスタッフを増員して助けること程度しか対策が思いつきません。急病になってもお医者さんに助けてもらえないという事実は、とても恐ろしく感じます。

*よろしければポチッとお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。