人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年09月21日

車による石油の消費を減らせ!

原油の枯渇について以前このブログで書いたことがありました。近年は世界の石油消費量の46%が自動車のよるものと言われています。世界の自動車の数が増え続けているため、この比率は増える一方です。結果として、原油の枯渇する時は前倒しで近づいてきます。この予測が非常に重いものであったのですが、昨今の原油価格高騰による影響をみると、少し明るい材料もあったように思えます。

まずガソリン価格の高騰により、世界の自動車の販売台数の伸びが鈍化しました(販売台数は伸びています)。特に燃費の悪い車種ほど販売台数が減少しました。また車の通行量が減り、交通渋滞も緩和され、ガソリンの販売量が減少しました。このような状況下、自動車メーカーも、ハイブリッドカー、小型車、電気自動車の開発に重点を移さざるを得なくなりました。

世界の自動車の数を減少に転じさせることは、おそらくしばらくは無理であることを考えると、燃費の良い車が開発され、普及すること、それまでの期間はできるだけ台数の増加率が鈍化すること望まれるわけです。実際、そのような方向に動き始めております。

世界の石油消費量に占める自動車の燃料の比率を下げることができれば、石油問題の未来もずいぶん明るくなるのではないかと思います。

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif



posted by ウホホイ at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年09月22日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。