人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2008年07月02日

イタリアの落書き事件

毎日新聞によると、

「<落書き>伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に
7月1日22時12分配信 毎日新聞

 【ローマ藤原章生】「教員、大聖堂に落書きで解任の危機」−−。イタリア・フィレンツェの大聖堂に落書きをした日本人が、日本国内で停学や務めていた野球部監督の解任など厳しい処分を受けていることに対し、イタリアでは「わが国ではあり得ない厳罰」との驚きが広がっている。

 イタリアの新聞各紙は1日、1面でカラー写真などを使い一斉に報道。メッサジェロ紙は「集団責任を重んじる日本社会の『げんこつ』はあまりに硬く、若い学生も容赦しなかった」と報じる。

 フィレンツェに限らず、イタリアでは古代遺跡はスプレーにまみれ、アルプスの山々には石を組んだ文字があふれる。その大半がイタリア人によるものだ。同紙は「日本のメディアによる騒ぎは過剰だ」と、日本人の措置の厳しさに疑問を投げ掛けた。コリエレ・デラ・セラ紙も「行為はひどいが、解任や停学はやり過ぎ」と論評した。

 一方でレプブリカ紙によると、大聖堂の技術責任者、ビアンキーニ氏は「日本の出来事は、落書きが合法と思っているイタリア人にはいい教訓だ」と語った。」

とのことです。このところ報道されている「落書き事件」も、おそらくこれほど大きなニュースにならなければ、あまり厳しい処分とならなかったような気がします。

最近のいろいろな不祥事も、大きく報道されてしまったために、処分を下す側もそれなりに厳しい処分を下さなければならない状況に追い込まれたという一面があるのではないかと思います。

この事件の処分が妥当か、それとも重すぎるのかはここでは何とも言えませんが、この風潮が行き過ぎて、些細なことでも厳罰になるようなことにならないようにバランス感覚を持たなければならないと思います。

凶悪犯罪というわけではないけれど、かなり不愉快なこととしては、個人的には駅周辺の放置自転車が頭に浮かびます。駅周辺に駐輪場などが作られるようになっていますが、ほとんどは放置自転車でかなりのスペースが使用不能になっています。また盗難や破壊されたりなどの困ったことも頻発しています。

地球環境のことを考えると、自転車は非常に魅力的なのですが、この放置自転車の問題はどうにかならないでしょうか?

*よろしければクリックお願いします。
banner_01.gif


posted by ウホホイ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。