人気の記事: 1.ワイシャツの襟の汚れの落とし方、2.プチプチで暖房費節約、3.片づけを成功させる方法



2014年05月25日

もっと消費エネルギーを減らせます!頑張りましょう!


数年前、ハイテク産業に必要なレアアースを中国が輸出制限するなどし、日本は大変なプレッシャーを受けたことがありました。その後、輸入元を分散させる他に、代替材料の研究開発を進め、使用量を劇的に減らしたことが報道されています。これは日本の科学技術と国民の努力の成果でしょう。

日本には底力があるのです。資源の乏しい日本の最大の武器は、国民そのものでしょう。日本人の頭脳と努力を結集すればできることがまだまだあります。今最大の重要事項は消費エネルギーの削減でしょう。



先日、ベルクというスーパーの株主への報告書を読んでいて感動しました。過去5年間で店舗数が3割増えているのに電気使用量の増加は約1割です。それもガスの使用量を10分の1にし、オール電化を進めたにもかかわらず、この程度の電気使用量の伸びなのです。水道の使用量も1割程度です。

使用エネルギーを削減するためにやったことも特別なことではありません。照明をLED化し、さらに間引きをしています。照明の寿命も延びますので、廃棄物の削減にもつながります。エアコンの温度調節、人がいない時の電気製品のOFF、壁面緑化など、むしろ基本を徹底しているという取り組みです。これだけでも着実に消費エネルギーを減らせるのです。

使用する機器の性能向上、建物の断熱性向上が組み合わされば、劇的に減らせるように思います。



「それでも店舗そのものが増えているじゃないか!」と言われそうですが、スーパーの市場は増えておらず、むしろ人口減少とともに減ってきているのではないでしょうか。少なくとも今後はそうでしょう。そうなれば効率の悪い店舗が淘汰されて、効率の高い店舗に置き換わることで消費エネルギーが削減されるはずです。

日本の消費エネルギー削減にが進めば、海外からの原油などのエネルギー源の輸入は減り、富の流出は減っていきます。日本人として、あの東日本大震災以降、節電の努力がどのように実を結んでいるのか知りたいところです。電力10社の電力需要実績を見ると、対前年比で2011年度は5.1%減、2012年度は1.0%減、2013年度は0.4%減となっています。2010年度の発電量に占める原子力発電の割合が29%であったことを考えると、日本全体でもっと節電の努力、自然エネルギーを増やす努力をすれば、かつての原子力発電分の電力を削減することは可能なのではないでしょうか?

人口は年々減っていきます。2050年には人口が1億人を切ることはほぼ確実ですので、それだけでも20%以上の電力削減になると思います。信号やいろいろな照明をLED化すること、電気製品を効率の高いものに交換すること、建物の断熱性を高めること、などで2050年を待たず、必ず前倒しで2010年度比で29%以上の電力量削減が達成されると思います。頑張りましょう。


人気ブログランキングへ





posted by ウホホイ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊地桃子は魅力的!


菊池桃子さんは言うまでもなく1980年代を代表するアイドルです。今の40歳台後半から50歳中盤ぐらいまでの年代には、胸を熱くした方も少ないくないでしょう。結婚し、子供ができてから、しばらくメディアから遠ざかっていましたが最近テレビで見る機会も増えてきました。

昔のアイドル時代もかわいかったですが、今の方が魅力的なのではないかと思うぐらい素敵にみえます。



私生活では離婚し、いろいろな苦難を乗り越えながら、大学院を修了し、今では戸板女子短期大学客員教授を務めながら、歌手活動も行うなど、前向きに生きる姿に、同じように人生の苦難に直面する同年代の心を打つものがあります。

「菊池桃子さんが頑張っているならば自分も頑張らないと!」そんな気持ちになる人は多いでしょう。アイドルの存在というものは貴重です。ますます応援したくなりますね。


人気ブログランキングへ



posted by ウホホイ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

錦織選手は日本の希望!


錦織圭選手、テニスの世界ランキング9位になりました!日本人男子では初めての快挙です。

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子の準決勝に勝って、ランキングトップ10入りを果たし、これからあのナダルとの決勝戦を迎えます。



男子テニスでは、ナダル、ジョコビッチ、マレー、フェデラーの4強が実力的には飛びぬけています。錦織選手はフェデラーにはすでに勝ったことがあります。ナダルに対して前回の対戦では歯が立ちませんでしたが、試合内容をよくみれば可能性を感じさせるものでした。

4強のオーラはあります。それだけに大きな大会で4強と対戦する回数を積み重ねていけば、苦手意識もなくなり、勝利する日も近いでしょう。

日本人男子がテニスのグランドスラムで優勝するといった日が近づいていることに興奮しますね。

錦織選手は日本の希望です!


人気ブログランキングへ



posted by ウホホイ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。